ミーアキャットは空を飛ぶ

主にはアジアについて。

パンケーキはメンタルを救う、Cafe Heimise

f:id:zhenmei_mei:20200113144744j:image

しんちゃお!一人ホーチミンパンケーキ部の私です。
このブログは、「ホーチミン パンケーキ」で1位を取るためにあらゆるSEO対策をしていきます。

 

テトホリデーはドイツとジョージアへ行くことにしたのですが、テトホリデーを前にイランとアメリカがあんな事態になっちゃって、しかも飛行機が誤って撃墜されたりして、震え上がっています。

なぜなら私は、イランの真上を飛ぶであろうカタール航空に乗るのですから…。フライトレーダーで「今日も飛んでいる…イランの上を…」と眺める日々です。

 

というわけで若干不安なテトホリデーを前に、私は「食べたいものを食べておこう」と決心したのでした。

 

「しゅわしゅわパンケーキ」の意味を知るCafe Heimise

ずっと気になっていたCafe Heimiseの近くで用事があったので、寄ってきました。
オーナーが韓国の方らしく、韓国スイーツの美味しさに魅了されている私としては期待大!


場所は1区、マロウカフェの近くあたりでした。

f:id:zhenmei_mei:20200113144738j:image

看板はあるのに入口が全く見つからず、隣家のおじさんに「かふぇ…ヘイみーず…ヘイミーゼ…?」とぼそっと聞いたら、この看板の右側にあるコーヒーショップを指差して「2Fだよ!」と教えてくれました。

 

しかしぱっと見違うカフェが入っていて、え?このカフェ…?と思いつつ入店。
とても狭いカフェなのですが、入った瞬間なぜか店員にもお客さんにもバッと見られる。ビビりながら再度「かふぇ…ヘイみーず…ヘイミーゼ…?」と呪文を唱えたところ、店の奥の階段を指差しながら「上だよ!」と教えてもらえました。

店内には確かに階段があって、そこを登るとアパレルショップ。
ベトナムの2Fは日本の3F。3Fまで頑張って上がると、ありました、Cafe Heimise。

 

f:id:zhenmei_mei:20200113144734j:image

 

私が行った時はお客さんゼロ、後から1組ベトナム人が入店してきたくらい。

 

f:id:zhenmei_mei:20200113144750j:image

お店が可愛い。バエです。インスタにあげ忘れました。

注文をカウンターでしてから、着席。お金は再度カウンターで後払いでした。
なんか、日本ではお金をカウンターで払うのが普通だったのに、ベトナムに来てからカウンターで払えと言われるとちょっと違和感を感じるようになってしまいましたね。

ストロベリーパンケーキ

確かアメリカーノが5万ドンくらい。
パンケーキはプレーンとストロベリーの2種類ありました。ストロベリーは16万ドン。
パンケーキの名称はよくわからないのですが、スフレパンケーキと呼ばれるやつだと思います。ホーチミンではこのふわふわタイプが多いような気がしますね。


f:id:zhenmei_mei:20200113144741j:image

 

もったりクリームに、いちごがちょこんと乗っていて可愛い!バエ。インスタにあげ忘れました。


f:id:zhenmei_mei:20200113144730j:image


このパンケーキのすごいところは、パンケーキ2枚重なっている間にいちごが挟まっており、これが素晴らしいハーモニーを作り出しているところです。
このもったりクリームがまた甘すぎずいい塩梅なのですが、クリームの甘みといちごの酸味がお口の中に広がってただひたすらに幸せを感じます。

 

よくメディアで見る「しゅわしゅわパンケーキ」の「しゅわしゅわ」がよくわかっていなかったのですが、このパンケーキをもって私は「しゅわしゅわ」という語彙を自分のものにしました。しゅわしゅわだった。しゅわしゅわだしふわふわだった。

 

前日の夜に色々不安すぎて遺書を書きかけたほどの私のメンタルもしゅわしゅわに癒され、「まぁ、なんとかなる。どうにでもなれ、それが人生なのだから…」という気持ちになれました。ありがとう、ホーチミンのしゅわしゅわパンケーキ。メンタルがダメっぽい人はみんな行ってください。

 

コンセント、Wifi完備で作業するのにもよかったですよ。
ただ、店が狭いのと静かすぎるのとで、チェーン店カフェのような長居はしづらいと思います。 

Cafe Heimiseの情報

住所:Lầu 2, 12 Đặng Thị Nhu, Phường Nguyễn Thái Bình, Quận 1, Hồ Chí Minh

営業時間:

月〜木 11am–10pm

金〜日 9am–10pm