ミーアキャットは空を飛ぶ

主にはアジアについて。

ベトナム・ホーチミンでハンドメイドのシルバーアクセサリー作り

f:id:zhenmei_mei:20200223173558j:image

土日はベッドでゴロゴロするかカフェに行ってダラダラするかの2択の皆さん。
ホーチミンで新しい体験をしましょう。

ということで、ホーチミンでシルバーアクセサリー作りに行って来たレポです。

これは駐妻たちの中で新たなムーヴメントになる。間違いない。

 

Vietnam Silver House

 

www.viator.com

今回参加したのはこのSilver Jewelry Makingのワークショップ。

このシルバーアクセサリー作りがどんなものかというと、自分の好きなデザインのシルバーアクセサリーを手取り足取り教えてもらいながら自分で製作するという非常にシンプルかつ自由度の高いものです。

予約はこちらから。

 

時間が書いていないのですが、私の時は9時から11時でした。ただ、何人かいると時間は前後する可能性が高いので、1日暇だわーという日に予約することをオススメします。

 

お店まで送迎してもらう

上記サイトで予約すると、EメールかSMSにて連絡が来ます(英語)。

送迎が料金の中に含まれているらしく、Nguyen HueにあるRexホテルに迎えにいくから、とのこと。

なんでRexホテル?と思いましたが、まあ家からそう遠くもないのでそこでピックアップしてもらうことに。

お迎えは朝9時ぴったりに来ました。案内係のベトナム人の女の子は英語がとっても上手で、しかもアオザイを着て迎えてくれるので観光客はテンション上がりそう。

 

f:id:zhenmei_mei:20200223173911j:image

お店自体は5区にあるVietnam Silver Houseというお店です。

1階はシルバーアクセサリーを売っていて、上の階が製作スタジオになっている模様。

 

お店に着いたらデザイン選び

f:id:zhenmei_mei:20200223174004j:image

お店に着いたらデザインを選びます。

シルバー10g〜20g分くらいのアクセサリーが作れるので、シンプルな指輪であれば2本作ることができます。

結構自由度が高くて、ネックレス、リング、ピアスなんでもOK。

一応デザインブックみたいなのを渡されますが、Googleで検索して出てきたデザインでも、自分でデザインしたものでもOKです。

 

f:id:zhenmei_mei:20200223174024j:image

私は槌目リングと呼ばれる、ボコボコしたリングを作ることに。
これは作るのに少し時間がかかるので、1本だけ作ることになりました。

一緒に参加した子たちはシンプルだったので2本作ってました。

 

鉄の塊を伸ばし、叩き、熱する

f:id:zhenmei_mei:20200223173942j:image

工房の中には5人くらいの職人がいて、その人たちが手伝ってくれます。
到底これからアクセサリーができるとは思えない鉄の塊を渡された後、ものすごくプロっぽいおじさんが、私の選んだデザインを見て「んじゃあこのくらいのながさ、太さにするかあ」と鉄を圧縮するための機械の使い方を丁寧に(トトロのカンタ並みの無愛想さですが)教えてくれます。

f:id:zhenmei_mei:20200223174054j:image

「ん!」「んーん」だけでリング作りが進む。

もちろん、英語のできる女性スタッフが張り付いて詳しい説明をしてくれます。

f:id:zhenmei_mei:20200223174144j:image

詳しい工程は省きますが、鉄を引き伸ばして、熱して、叩いて伸ばして、切って、削って・・・という感じです。楽しい、これは楽しいぞ。ものづくり大好き。

 

f:id:zhenmei_mei:20200223174214j:image

輪っかにする工程で全くもって端と端が噛み合わなくて焦りましたが、匠の手によってとても綺麗になりました。

 

f:id:zhenmei_mei:20200223174236j:image

刻印もしてくれるという至れり尽くせりぶりで、リングの大体の形ができたらレーザーで好きな文字を刻印します。

ちなみに私は「ストーンも入れたい」と言ったら小さなストーンも入れてもらえました。もしかしたら成型済みの石とか持ってってそれ使ったリングとかにもできるかもしれません。

 

ちなみに、私たちと一緒に欧米系の男性もシルバーアクセを作っていたのですが、その人は割とゴツめの十字架を作っており、「姪にプレゼントするんだ。彼女はまだ小さいから、小さめのやつを作りたい」と言ってました。もしかしてあなたの言う「小さい」、結構大きくない?

 

まあ十字架なんてデザインブックにはなかったけどガシガシ作っていたので、たいていのデザインは作れる気がします。

「こんなアクセが欲しいのに、どこにも売ってないよ〜!」と言う人はぜひ相談してみてください。

 

リングは作ったらすぐに受け取れるし、箱ももらえるし、すごいよかった。こんだけ充実の内容でこんなに安くていいの?お値段以上ですよ。

 

 

 

 

【ジョージア旅行記4】Dry Bridge Marketで変なものを買い、バレエを観て、そしてシュクメルリで〆よう。

ドライブリッジマーケット

旅行記はこれで最後!
こうして記事を書くことにより、休暇後の憂鬱を少しずつ消化しようと思いましたが、結果ジョージアに戻りたい気持ちだけが募っています。どうしよう?

 

前回の記事はこちら。 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

Dry Bridge Market 

ドライブリッジマーケット

www.tripadvisor.jp

 

ドライブリッジマーケット。タクシーの運転手さんはハンドメイドフリーマーケットと読んでいたけど、絵画から工芸品、よくわからないガラクタのようなものまで売られている青空マーケットです。昼過ぎに閉まってしまう可能性が高いので、午前に行くのがオススメです!

ドライブリッジマーケット

橋の下は絵画や布がメイン。

 

ドライブリッジマーケット

 

橋の上の方は、アクセサリーや陶磁器なども売ってました。

ドライブリッジマーケット

アクセサリーはこういうゴテっとしたのが多かったですね。値段は50GELと言われたけど、多分値下げしてくれます。

ドライブリッジマーケット

ドライブリッジマーケット

これはジョージア伝統のアクセサリー。石を研いで作るとかなんとか。お土産やさんにも売っていましたが、この蚤の市で買うのが安いです。40GEL〜100GELという感じ!
私も一つピアスを買って、ピアスの針が太すぎてつけられなかった

ベトナムでリメイクしてくれるところ探します。

 

Tbilisi Opera and Ballet Theatreでロミジュリ鑑賞

ジョージア国立バレエ

文化的なものに触れたかったので、トビリシでバレエ観てきました!
チケットは事前にTKG.GEで予約。一枚ずつしか予約できないのかな?
英語版にして、「Opera」のメニューにあります。人気ですぐSold Outしてるようなので、お早めの予約を。


ここで予約するとQRコードが発行されるので、そのスクショなりを受付で見せれば入場できました。

 

今やっている演目は、ロミオとジュリエット
少し日にちがずれていればくるみ割り人形が見れたみたい。

 

開演時間は14時、ここから遅れると入場不可になる可能性があります!
私は10分前に行き、席を確認。ボックス1のシート1は、入って2階の一番右奥です。1ボックス4席くらいで仕切られてました。

 

ジョージア国立バレエ

いわゆる舞台袖すぐの、全然観えんやろ、みたいな席30GEL(1200円くらい)で予約したのですが、全然普通に観えました!むしろ劇場全体が見渡せてよかった。表情もはっきり見えて、めちゃくちゃ楽しめた…。

 

ドレスコードはない様子で、結構カジュアルな服装で来ている人が多めでした。
1時間の講演の後25分間の休憩が入るのですが、その時に軽食をとる人が多いようで、劇場の中に軽食やワインを販売するコーナーに人がごった返す。私も波に乗って参加。

チョコクリームを挟んだクレープ?パンケーキ?と、イクラの乗ったバゲッド!美味しい。コーラも頼んで11GEL。


閉幕。
一人とても楽しそうに、キレッキレ(語彙)に踊る人がいてめちゃくちゃ好きになったのですが、後から調べたら日本人でした。動画をご本人のインスタから拝借。

 

 
 
 
View this post on Instagram

Dance for freedom #Throwback #giselle #maledancer #balletdancer #stateballetofgeorgia

A post shared by Yonen Takano 高野 陽年 (@yooyonen) on

 

高野 陽年さん。ジョージア国立バレエのプリンシプルダンサーだそう。
公式サイトはこちら(このホームページ、作り直したい欲がすごい。Wixでもデザインもっと良くなるはず…関係者の方、見られていましたらご連絡ください。笑)

 

バレエを観たのは初めてだったのですが、ハマりそう。全てが美しい。素晴らしい文化だ…ベトナムにも来て…。

 

 

 

ナリカラ砦〜Mother of Georgio

ナリカラ砦

歩きたくなかったのでタクシーで行きました!ちょうど夕暮れ時でした。夜景も見たかったな。風強すぎて落ちるかと思った。 

 

 

平和橋

ひとしきり景色を堪能したら、次は川から景色を見たくなったので、平和橋の麓からボートに乗って来ました。平和橋の上に案内のおじさんがいるので適当に声かけます。30分で20GEL、ワイン一杯付き(これも交渉したら安くなるんだろうか?)。

 

ほぼ漁船である。おじさんが無言で運転してくれます。ガイド?そんなもんないよ!

メコンデルタカヤッククルーズよりは乗り心地良いですね。

 

夜景が綺麗なので、夜がオススメ!

 

ジョージアで食べたものたち

最後だからいっぱい食べました

 

 Radio Cafe のチキンストロガノフ

f:id:zhenmei_mei:20200202200346j:plain

休憩がてら入って適当に頼んだのですが、シンプルに美味しい。一口食べて、う、うま!ってなった。

 

営業時間:10時00分~0時00分

住所:29 Atoneli St, Tbilisi 0100

 

Radio Cafe

 

SALOBIE BIAのトマトサラダとシュクメルリ 

ここはTripAdvisorで評価が良いとのことで入りました。満席で5分待ったけど、絶対行って。

 

ジョージア

このトマトサラダ、本当に美味しい。

え、トマトってこんなに甘いんです?みたいな気づきを与えてくれる。トマトを飽きずに食べることって可能だったんですね。ワンボール一人で食べられそうだった。

そしてシュクメルリ

 

シュクメルリ

うわ〜〜!!!!ってなる。ここはシャバシャバ系メルリだけど、おいっっっしい。もも肉メルリ。ハッピー。麻薬。しかも付いてくるパン、パンというかフォカッチャが神の味がする。期待せずに口に運んだらめちゃくちゃ美味しくて、写真撮る暇なく全部食べてしまった…。もちもち。神が作りしパンと麻薬である。

 

初日のg.Vivo Wine Barのシュクメルリと比べると、私はg.Vivo Wine Barの方が好みかなと思ったのですが、パンの圧倒的美味しさによって比べることが非常に難しい結果になりました。この2店は絶対行って!

 

営業時間:11時00分~23時00分

住所:14 Ivane Machabeli St, Tbilisi

SALOBIE BIA

 

Canape

f:id:zhenmei_mei:20200202200217j:plain

朝ごはんにハムチーズクレープ食べに行ったカフェー

ちょっとお高めですが、クレープにヨーグルトが付いて来てとてもお上品な味がしました。ペロッと食べられるクレープ。

 

営業時間:8時30分~1時00分

住所:16, 15 Abano St, Tbilisi

 

Canape

 

バドリジャーニ

お店の名前を完全失念したのですが、ふらりと入ったレストランで食べたバドリジャーニ。
塩味で焼いたナスで、くるみのペーストを巻いたものらしい。これがまた美味しかった…。ただちょっとオイリーなので、たくさん食べると胃もたれする。

 

ジョージア本当に最高でした。あと5回くらい行きたいです。

冬だったのでオフシーズンで人も少なかったのですが、やはり夏にくるのがオススメといろんな人から言われました。
お風呂も入りたかったけど入れなかったし、ムツヘタも行ってないし、ドイツで芋を食べまくってしまったのでオジャクリも食べておらず、その他諸々も胃の容量の関係で食べられなくて、悔しいので夏に出直します。この国は4人くらいで来た方が良いと思う。

 

最終日、g.Vivo Wine Barでシュクメルリを食べて締めました。

 

ドーハ乗り換えでホーチミンカタール航空は初めてでしたがこれも良かったので、何処かのタイミングで記事にしたいです。

 

最後に、みんなジョージア行って!本当に最高だから!

 

ジョージア旅行記 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

【ジョージア旅行記3】ただただ酔っ払わされるワイナリーツアー

f:id:zhenmei_mei:20200202030252j:plain


 

ジョージア2日目!

 

前回の記事はこちら

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 


ツアーを申し込んでもらったので、朝10時からワイナリー見学ツアーへ!

 

案内してくれるのは現地のツアーガイドさん。バスでカヘティ州へ行き、村やワイナリーを見て、食事して帰るというツアーです。

ツアーは総勢14人くらいで行きました。ほとんどロシア人だったと思います。

ジョージアのお菓子、チュルチュヘラ

 

f:id:zhenmei_mei:20200202030430j:plain

バスに乗って1時間くらいで降りて、チュルチュヘラというお菓子を作っている民家のような場所へ。お鍋でぶどうの果汁や砂糖を煮詰めて、中にナッツなどを入れて乾燥させたものです。

街中でもよく見かける伝統的なお菓子の一つ。1年くらい保存できるらしいです。

写真撮るの忘れたので、上記の写真は街中の犬。

 

教会〜ラブシティ

f:id:zhenmei_mei:20200202030524j:plain


ガイドさんの英語はとてもわかりやすかったのですが、いかんせん地方の名前が聞き取れない…ので、これがどこだかよくわからなかったのですが、途中で30分休憩だと降ろされたところの教会。

 

門のところにおばあさんとお兄さんが座っていてお金を請求されたので、入場料かと思って渡したのですが、後から物乞いさんだと気づいた。

カヘティ



 そこから20分くらい走ったところに、ラブシティ、とガイドさんが呼んだ街。
ここは1時間くらいいたかな?とても綺麗な街でした!
9月がベストシーズンなので、ぜひ9月に着てほしいとのこと。
リゾート地になっていて、リゾートホテルもあり。ここでリゾートホテル止まって、ワイン飲みながらダラダラしたい!

 

謎の砦みたいなところを登る。景色が綺麗です。もう寒くてどうでもよかった。



とにかく寒いので、道の途中で靴下を買い、後お塩が売っていたのでお塩を買う。これが美味しかった…スパイスのいい匂い…!

 

ワイナリーでテイスティング祭り

この街から1時間くらい?走ってついにワイナリー!

 

先にレストランで注文してから蔵へ。

こちらにはジョージアの伝統的なワイン製法であるクヴェヴリという製法で作られたワインがあります。
クヴェヴリではこの穴にぶどう果汁などを入れた壺を置き発酵させるのだそう。

 

解説を聞いたあと、待ちに待ったテイスティングタイム!

 

赤、ロゼ、白(オレンジワイン)をどんどん注がれる。
赤は2種類あったかな?ドライとセミスイート。どちらも美味しかった…!(永遠に注がれるので、写真を撮る暇がない)

でもロゼが一番美味しかったです!
甘くてフルーティ。他のも買って帰りたかったのですが、ロゼだけ買って帰りました。。これで20〜30GELだったから、日本円で1000円くらい。うわ、今改めて書いて思ったのですが、このクオリティのワインが1000円で手に入るならあと5本は買うべきでした。。

 

あと、チャチャ、ウィスキーも飲みました。乾杯の音頭も教えてもらったけど忘れちゃった…。

 

朝から何も食べておらず空きっ腹にチャチャ、ウィスキーを入れたので、その辺にあるパンやチーズを食べながらワインを飲む。永遠に注がれるワイン…幸せ…。ていうかチーズもパンも美味しすぎる。

 

買ったワインをそのあとレストランで開けつつ、ご飯!ようやく!

 

全部名前はわからないけど美味しかった。

 

5時ごろにご飯を食べ、旧市街に戻ったのは8時ごろでした。

ちなみにこの内容で40GEL(ワイン・食事は別)。安い…。

 

旧市街で再度シュクメルリ

さっきご飯食べたけど、シュクメルリ欲が止まらなかったので追いシュクメルリしました。
I love Tbilisiの看板のところにあるレストランです。


ここのシュクメルリは、なんか違う…って感じでした。シャバシャバ系チーズ。これが写真で見ていたものと一番近いですが!今までパンチがあるものを食べすぎたかもしれません。

ただ、ビールも美味しかったしお店の雰囲気も良く、ジョージア料理はだいたい食べられそうなメニューだったので、チーズも挑戦。

これは美味しい!!あっさり目チーズで、このチーズに塩やシュクメルリのソースをつけるとさらに美味しかったです。3日目にしてだんだん濃いめの味に慣れてきたことを感じます。ジョージアはどのチーズ食べても美味しい。

Samikitno 

営業時間:24時間営業

住所:5, 7 Freedom Square, Tbilisi

 

ジョージア旅行記

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

【ジョージア旅行記2】オススメホテルと街歩きと、シュクメルリ&シュクメルリ

シュクメルリ

ジョージアは素敵すぎて書きためてなかったので、必死に思い出しながら記事を書きます。

結論、

 

ジョージアはいいぞ。

 

前回の記事

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

ジョージアで宿泊したホテル Vintage Art Rooms

 ジョージアではこちらのホテルに宿泊。

www.booking.com

予約はこちら

 

ここが100点満点だったので、みなさん泊まってください。4泊で57USD!
こちらもAirBnB方式でフロントデスクなどはないのですが、2階に常にオーナーさんがいらっしゃるようで、24時間対応してくれるとのこと。たまたま空いていたからですが、早朝チェックイン、レイトチェックアウトOKでした!

 

場所は中心地から徒歩10分ほどです。歩いてどこでもいける!
f:id:zhenmei_mei:20200201224249j:image
f:id:zhenmei_mei:20200201224445j:image
f:id:zhenmei_mei:20200201224448j:image
f:id:zhenmei_mei:20200201224452j:image

何が素敵だったかというと、まず部屋のインテリア。その名の通りアンティークで死ぬほど可愛い。

f:id:zhenmei_mei:20200201224321j:image

共用キッチン。コーヒーがフリー。洗濯機もあり。
f:id:zhenmei_mei:20200201224359j:image

バスルームも綺麗で、シャンプーと石鹸がありました。ドライヤーも。
バスタオルも用意されているし、ペットボトルの水もあったし、なんの不便もなかった!

 

掃除には15GELかかりますが、妥当ですね。途中でお菓子の差し入れをそっとしてくれたりして、本当にホスピタリティ溢れるホテルでした…!  

 

予約はこちら

 

シオニ大聖堂

シオニ大聖堂

まずは旧市街の中心部にあるシオニ大聖堂へ。

www.tripadvisor.jp

シオニ大聖堂

小さな教会ですが、観光客と地元の人で賑わっています。中に入るのは無料ですが、女性はスカーフ着用しないといけません。入り口にスカーフが置いてあるので、それを拝借して頭に巻いて入りました。

 

シオニ大聖堂

中はそれほど広くないですが、素朴で落ち着く雰囲気。イコン画は全てジョージア語。
破壊されるたびに再建されたようで、ジョージア市民に愛されている教会のようです。

 

シオニ大聖堂

日曜日の夕方は人でごった返してました。

 

ジョージアの交通カード

ジョージアはバスが安いと聞いたので、とりあえず交通カードを買うために駅へ。
リバティスクエア駅の改札外の窓口で買えます。

METROCARD

交通カード(METROMONEY)自体は2GEL、ここにチャージして使う方式らしい。

地下鉄とバスが0.5GELで乗り換え1.5時間までは無料。マイクロバスが0.80GEL。安い!

今回チャージする機会はなかったのですが、チャージ自体はバス停などにある機械でできるみたいですね。

METROMONEY

 

Rezo Gabriadze Marionette Theater(レゾカブリアゼ劇場)

 

f:id:zhenmei_mei:20200201224622j:image

街歩きで印象に残った建物だけ。

こちらの時計台、中では人形劇がある様子。1月は20時スタート。

f:id:zhenmei_mei:20200201224619j:image

なんかツギハギな建物が可愛い。タイルも貼ってあったりして。
そこまで古い建物ではないらしいのですが、ユニークな外観なので観光客で賑わっていました。

 

 

 

時計台横のカフェもレトロで可愛かった!

f:id:zhenmei_mei:20200201224744j:image
f:id:zhenmei_mei:20200201224740j:image

Gallery 27 

トビリシ Gallery27

ステンドグラスが印象的な建物。

この近くはアートっぽい建物が多くて、写真好きにはたまらん通りとなっています。

 

 

トビリシ Gallery27

古びた通りも良い。

 

至聖三者大聖堂

至聖三者大聖堂

ちょっと旧市街から遠かったのでタクシーで行きました。

他の教会と比べると中はシンプルです。

至聖三者大聖堂

至聖三者大聖堂

グルジア正教会の主要な大聖堂で、

南コーカサス一帯において最大の宗教的建築物であり、世界の正教会の中でも最大の聖堂の一つに数えられる

だそうです。wikipedia調べ。落ち着く場所でした。
Wikiにあったジョージアの民族衣装を着てここで結婚式をしている写真はちょっとかっこいい。
 

Mother Of Georgia 麓の教会

Gallery27から、ジョージアの母が近かったので少し登ってみることに。

麓の教会まで。

トビリシ

 

トビリシ

ここが一番幻想的だったな。

教会は小高い丘の上にあり、景色が最高でした。

トビリシ

 

1日目に食べたものたち

1日目に食べたものと、レストランを思い出せる限り記載します。

 

ハチャプリ

外に出たのがお昼前くらいだったので、お昼にハチャプリを食べることに。
歩いていて目についたハチャプリのお店へ。

ハチャプリ

 これ、iPhone3つぶんくらいの大きさ。Smallサイズなのに。

中はふっかりチーズ!!!しょっぱうまい。一人で食べるものではありません。

 

ヒンカリ 

f:id:zhenmei_mei:20200201224839j:image

ジョージア版小籠包。

 

お店の場所がわからなくなってしまったのですが、無愛想なおばちゃん達がやってる食堂っぽいところで食べました!5個からしか頼めなくて死んだ。

ヒンカリは美味しいは美味しいのですが、やはり横浜中華街の肉汁たっぷり小籠包に慣れてしまっているので…ふ〜んって感じでした。ここ以外でもう一回食べようと思えなかった。

f:id:zhenmei_mei:20200201224912j:image

皮がムッチムチで、中に塩で味付けしたハンバーグが入ってる感じ。でも確かに肉汁ジュワッと出てきてテンションが上がった。

 

シュクメルリ

この旅のメインです。シュクメルリ。松屋も手を出した悪魔の料理です。

美味しすぎてはしごした。

 

g.Vivo Wine Bar

シュクメルリ

いろんなブログで紹介されていたChuriとかは行っておらず、最初に行ったここのシュクメルリがイッッッッッチバン美味しかったです!!!

多分一番ポピュラーなシュクメルリとは少し違う、若干高級感のあるスタイルのシュクメルリ。

ちょうどいい塩気、もっちりチーズ、プリプリもも肉、がっつりガーリック。

口に入れた瞬間に「ん!!!!!」って声出るくらい美味しかった。最終日にももう一度行きました。シュクメルリを極めたい人は絶対行け。
お値段は他より少し高いらしいのですが、しかし行って損はない。

TripAdvisorのこのクチコミに激しく同意してしまいます。

 

とても良かった私は2回戻った。3回戻りたかった。

あと、ワインもオススメを聞いてセミスイートをいただいたのですが、めっちゃ甘みのあるワインでとても美味しかった…オーガニックで伝統的なワインだそう。口当たりが素晴らしい。ワイン詳しくないけど、めちゃくちゃ美味しかった。

ジョージア初日はここに行って欲しい!本当に!

 

営業時間:13:00 - 1:00

住所:Erekle II st 6 | Old Town, Tbilisi 0105, Georgia

 

Sakhli # 11

トビリシ

上記のお店のシュクメルリが美味しすぎたので、シュクメルリもう一軒行きたいとなり(テンションがぶち上がったせい)、パッと調べて行ってみたのがこちらのお店。

 

ここではドライワインをいただく。思った以上にドライで私好みではなかった。。

でもこの謎の瓶(?)に入れて注いでくれるのはなんだか趣があって素敵でした。

 

 

シュクメルリ!!

こちらはブロッコリと胸肉派。チーズはもったりめ。

シュクメルリ

ここもちょうどいい塩気で美味しかったと思うんですけど、一軒目のインパクトが強すぎて、記憶がぼんやりしている…。お酒も入ってたし…あと胸肉よりは断然モモ肉が美味しい。

 

ただこのお店では、隣で飲んでいた人たちがおもむろにギターを取り出して歌を歌い出し、しかもそれがプロ級にうまくて素敵でした。あれがプロじゃなかったらどうしよう。ベトナムのカラオケとは違うぜ(ベトナムを下げましたが、私はベトナムが好きです)。

 

酔っててあんまり覚えてないけど、お店の雰囲気は満点です!リバティスクエアからほど近い。

 

営業時間:12時00分~23時45分

住所: #11 Galaktion Tabidze St, Tbilisi 0105 

 

ちなみに、ハチャプリの靴下買いました。

f:id:zhenmei_mei:20200201225408j:image

 

ジョージア旅行記

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

【ジョージア旅行記1】ドイツからジョージアへイスタンブール経由で移動。トビリシ空港での過ごし方。


f:id:zhenmei_mei:20200201013643j:image

ベルリン中央駅から空港へ

 

移動日!ドイツからイスタンブール経由でトビリシへ行きます。

 

ベルリン中央駅から空港。テーゲル空港だと思っていたら、違う方で若干市内からのアクセスが悪いです。電車で40分くらい。

 

ウェルカムカードのCエリアらしいので、チケットを買う必要があったのですが、、チケットの買い方がさっぱりわからなかったため、カウンターへ。Sバーンホームのある、ベルリン中央駅2階のちょっとクセのある係員さんに発券してもらいました。3.60ユーロ。ホームすらわからなかったため、ホームを聞くとものすごい訛りのある英語で長々と話され、その中で聞き取れた「イレブン」と「バリデート」だけを頼りに11番ホームへ。

 

たしかに空港経由の電車がありました!

ホームでチケットをバリデートし、乗り込む。

特に席指定はなさそうだったので適当に座ったら、向かいの人が何か葉っぱを取り出したりして、、大麻やってそうな人やんけ、、とめちゃくちゃ焦りましたが何事もなく電車は空港へ。

f:id:zhenmei_mei:20200201013634j:image

行先不安な人は車内にあるこのディスプレイを参考に。


f:id:zhenmei_mei:20200201013702j:image

こちらの空港はテーゲル空港ほど充実はしていませんし、駅からも結構歩かされますが、まぁカフェとかWi-Fiは普通にあるので特に困ることは無いと思います。

f:id:zhenmei_mei:20200201013653j:image

荷物検査をしたあと、乗る予定の飛行機が73番ゲートで割と遠かったのですが、搭乗ゲートの前にパスポートコントロールがあるタイプなので時間には余裕を持ってください。

f:id:zhenmei_mei:20200201013640j:image

 

ペガサス航空は普通にいい感じでした。



イスタンブール空港での乗り換え

f:id:zhenmei_mei:20200201205303j:image

イスタンブール空港!初のトルコ!結構広いしお店も多いしかなりいい感じ。

なのですが、WiFiが有料、、!

 

Wi-Fiはインフラなのに

2時間3ユーロくらいする!!



わたしは一瞬でトルコが嫌いになりました。

f:id:zhenmei_mei:20200201013614j:image

一応カフェなどでWiFiを提供しているところがあるので、ひとまずカフェに入ってWiFiを繋ぐことに。。

オシャンで人も少なく、電源完備なのでこちらへ。

f:id:zhenmei_mei:20200201013630j:image

フルーツサラダとアメリカーノ、55リラ、1000円くらい。もう物価を知らないし知るためのWiFiもないためどうでも良い。

 

WiFiを繋ぐためには、店員さんにパスポートと搭乗券を見せてPINコードを発行してもらう必要がありました。しかも、WiFiを使えるのは1時間だけ、、!スタバか?



隣のお姉さんが、「WiFiは?」「あ、パスポート持ってきてください」というやり取りの時に「マジかあ!?本気で言ってる!?(Really!? Are you sure?!)」ってめっちゃキレてた。わかる。


しかもWiFi使ってネットサーフィンしてたら、可愛い女の子が来て「ねえ、あなたネット繋いでる?」と。

 

「はい、つないでます」

「使わせてー?」

「え?定員さんにパスポートとチケット見せたらできますよ」

「それって何か買わないといけないでしょ!?」

「はぁ。(買えよ)」

「お〜ね〜が〜い〜!」

 

という感じで、半ば強引に謎の女の子にWiFiをただ乗りされたのでイスタンブール空港が嫌いになりました。あと、明らかにバスローブみたいな人が空港内を走っていたのでちょっとびっくりしました。

 

ジョージア入国

深夜3時ごろジョージアへ入国!入国審査は空いていて、特に何か聞かれることもなく。

そしてまさかの、イミグレで全員にワインのプレゼント!!!

f:id:zhenmei_mei:20200201013705j:image

一瞬でジョージアを好きになった。このワインはなんだかもったいなくて、まだ飲めておりません。

 

夜中に動くのはちょっと危ないかなと思ったので、空港内で換金、SIMカードを調達した後カフェで朝まで待つことに。

 

入国ゲート出るとすぐに換金とSIMカード売り場があります。

f:id:zhenmei_mei:20200201013637j:image

レートはマジでお店によってバラバラでした。なんで?日本円を両替できるところもありましたよ。

こういうのって普通街中で換金した方がレートが良いと思うのですが、トビリシに限っては街中よりも空港の方がいいかも?という感じでした。街中の両替所のレートの方が微妙な感じ。

両替もSIMも夜中3時で開いていたので、24時間営業なんだと思います。便利ですね!



f:id:zhenmei_mei:20200201013610j:image

SIMカードはこちらで、4GBのものを9GELで購入しました!電話も使えるやつです。


f:id:zhenmei_mei:20200201013656j:image

出国ゲートすぐにある、バーで一休み。こちらも24時間営業で、電源もあります。WiFiもあり。

 

ジョージア内の移動はBoltで。Boltのインストールの仕方

ジョージアはタクシーのぼったくりが多いと聞いていたので、Boltというアプリをインストールしました。

Apple

Bolt

Bolt

  • Taxify OU
  • Travel
  • Free

apps.apple.com

 

Android

play.google.com

 

ストアからインストールして、電話番号の登録(SMS認証なので、SMSが受け取れるようにSIMカード買っておくのがオススメ)、必要であればクレカの登録をしたらすぐ使えます。


f:id:zhenmei_mei:20200201205359p:image

ベトナムのGrabやUberとUIほぼ一緒です。目的地とピックアップポイントを記入して、ドライバーが捕まるのを待つだけ。

 

Grabと違って、ドライバーから電話が来ない。なのにドライバーはスムーズに来る。質が高い。最高 。

 

f:id:zhenmei_mei:20200201205355p:image 

空港から中心地までは18〜20GELくらい。調べておいた相場とほぼ同じですね。小さめの車だともう少し安くなります。

 

朝6時ごろに空港からBoltを使って移動しましたが、コミュニケーションも問題なし、目的地まで間違えることなくスムーズに連れて行ってくれました。

トビリシの空港も街中も、警察官が多くパトロールしていてかなり安心感ありました。

 

ジョージア旅行記

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

【ドイツ旅行記4】ベルリンの壁とカレー

f:id:zhenmei_mei:20200201013332j:image

この日は朝寝坊してゆっくりしようと決めていたのですが、思いの外体調が優れず

結局2時ぐらいまでゴロゴロ…。

行きたいところはあとベルリンの壁だけだったので、ベルリン中央駅からベルリンの壁のある駅へ。

 

前回の記事はこちら

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

イーストサイドギャラリー

本当は一つ前の駅で降りるのが分かりやすかったっぽいのですが、Google先生に従ってBerlin Ostbahnhof駅で降りる。降りた駅から歩いて5分くらいで壁を発見!この駅、わかりやすく治安が悪かったな。

 

 

f:id:zhenmei_mei:20200201013318j:image


ここが端っこらしく、ここから数メートルにわたって壁が続いています。

f:id:zhenmei_mei:20200201013404j:image

f:id:zhenmei_mei:20200201013325j:image
f:id:zhenmei_mei:20200201013332j:image 

真ん中あたりにあの有名なキスの壁画が。ホーネッカーとブレジネフの。

 

f:id:zhenmei_mei:20200201013345j:image

途中にあるお土産屋さんでは、実際にキスをしたときの写真も飾ってありました。

わたしこのキスは創作だと思っていたのですが、実際にしたんですね。



ここからしばらく歩くとベルリンの壁ミュージアムですが、朝からなにも食べてなかったので腹ごしらえを。

 f:id:zhenmei_mei:20200201013341j:image

メルセデスベンツエリアにある、dean&davidでチキンカレー!!

 

そう、正直あの重めのドイツパンに飽きていたのでした。コメ美味しい。

これ辛くもなく甘めの味付けでめちゃ好みでした。チキンもプリプリだったよー

 

dean&david

営業時間:10時00分~21時00分

住所:Mercedes Platz 1, 10243 Berlin

 

 

ベルリン コーミッシェ・オーパ

本当はベルリンの壁ミュージアムも行こうかと思っていたのですが、のんびりしたい気持ちが勝ったのと、オペラを見たい気持ちがあったため、博物館島の方まで戻ってオペラをチェックしに行くことに。

f:id:zhenmei_mei:20200201013322j:image

こちら。

外に何日の何時にこのオペラやるよーと張り出されているのですが、あきらかに今日の公演はない。。

 
f:id:zhenmei_mei:20200201013358j:image

平日だしないかもなとは思っていましたが、念のためカウンターでも聞いてみると、やはり無いとのこと。

残念だけどしょうがないですね。次の楽しみにすることにしよう。



疲労が溜まっていたので早めに宿へ戻ることに。明日もう移動だし、洗濯とパッキングもしないといけない。

 

しかし、わたしはまだ美味しいカリーヴルストに出会っていないのでは、という思いが拭えなかったため、ベルリン中央駅でカリーヴルストに挑戦することにしました。

 

Curry 36

 
f:id:zhenmei_mei:20200201013350j:image


ベルリン中央駅には、Curry36 というカリーヴルストのチェーン店があります。

f:id:zhenmei_mei:20200201013401j:image

まぁまぁ人も入っていたため、とりあえずオリジナルカリーヴルストを注文。2.5ユーロくらい。

 f:id:zhenmei_mei:20200201013338j:image

見た目は、ブランデンブルグ門の前で食べたものと変わりません。白いソーセージにケチャップとカレーパウダー。スタンディングスペースで食す。

 

ううーーーん?

ブランデンブルグ門で食べたものよりは少しサクッとしていて美味しいかも。。

 

ブランデンブルグ門前のカリーヴルストはフニャッとしてましたが、こちらは揚げてあるのかカリッとしてて美味しい。断然こちらが好みです。



ベルリン中央駅からの帰り、スーパーでビールやらお土産用のお菓子を買い込みホテルへ。

 

ホテルで洗濯しようとしたら、ドアロックが壊れていたらしく、洗濯スタートもできない、服も取り出せないという状況に陥って完全に詰みましたが、ホテルオーナーに連絡したらドアをバッキーと壊して開けてくれました。ダンケ!(恐ろしくて結局洗濯できなかったよ!)

f:id:zhenmei_mei:20200201013354j:image
f:id:zhenmei_mei:20200201013328j:image 

これは、オーナーからwhatsup経由で来るメッセージに従って撮った洗濯機の写真だよ。Airbnbなどを使う人、Whatsupで連絡することが多くなるので入れといたほうがいいですよ。

 

ドイツ旅行記

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

【ドイツ旅行記3】街が全部綺麗すぎるドレスデン

f:id:zhenmei_mei:20200201200227j:plain

ベルリンも3日目へ突入。

ベルリン4日間は長いのではと思ったのでドレスデンへの列車の予約をしておいたのですが、例によってなんの下調べもせずに行ったので、時間を持て余してビールひっかけながらこの記事を書いています。

 

前回の記事

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

 

ドレスデン行きの電車の予約をする

 

DBのこちらのホームページから予約できます。

www.bahn.com

ドイツ語が分かりませんが、まあUIは慣れ親しんだ感じなのでドイツ語調べながら予約してください。

 

ベルリン中央駅からドレスデン中央駅まで往復の座席指定で5000円くらい。

混むかどうかは分かりませんでしたが、席の取り合いに勝てる自信もなかったし余計な心配をしたくないので座席指定しました。

 

予約するとメールでPDFが送られてくるので、それをプリントアウトするかアプリを入れていつでも見られるようにしておく必要があります。(スクショでいけるのか謎)

 

予約に使ったクレカと、パスポートは必ず持っていってください!

 

PDFの内容ですが、電車の出発時刻、出発場所、出発ゲート(Glens) 、車両番号(Wg.~)、予約座席(Pl.~) が読めるようになっておけば大丈夫かと。



ベルリン中央駅からドレスデンへの電車に乗る

 

ベルリン中央駅につき、電光掲示板でゲートを確認。

20分から30分前くらいに行きましたが、電車はすでについていました。

f:id:zhenmei_mei:20200201013116j:image 

この辺に電車の識別番号とかがあるのでしっかり確認してから乗ってくださいね。

f:id:zhenmei_mei:20200201013010j:image

ちなみにドアは自分でボタンを押して開けないといけません。



f:id:zhenmei_mei:20200201013106j:image

行きはボックス席の窓側を予約。

 

ボックス席ってハリポタ感あっていいですね!すばらし!



f:id:zhenmei_mei:20200201013036j:image

f:id:zhenmei_mei:20200201013056j:image

ボックス席の場合は入り口の左上くらいに、どの座席がどの番号なのか、また予約されているかされていないかが表示されています。


f:id:zhenmei_mei:20200201013101j:image

窓側に電源がついてる!おおお!最高!

WiFiはついてるフリして何故か使えなかったけど!

 

走り出してしばらくすると車掌がチケット確認にきました。

私の前に確認されてたアメリカ人っぽいひとはクレカまで 要求されていましたが、私は紙を見てチェックしただけで終了…パスポートもチェックなし。

ここまで周到に準備してきたのだからむしろ確認してほしい。



とはいえ特に問題なく電車はドレスデンへ。




ここで失態を犯しました。

電車の中のアナウンスはほぼドイツ語。

なにやら大きめの駅に着くタイミングで、ドイツ語のアナウンスで「ドレスデン」と聞こえたのと、同じボックス席に座っていたドイツ人が降りる準備始めたため、「ドレスデンだ!」と思って降りてしまいました。

 f:id:zhenmei_mei:20200201013127j:image

予定時刻よりも若干早かったので違和感があり念のため電車内の表示も確認。

「Dresden neurst」。

 

「…?中央駅ってHbFじゃなかったっけ。ドイツ語かな?まあ、ドレスデンだな!」

 f:id:zhenmei_mei:20200201013124j:image

そして降りてから気付いたのですが、これ、一つ前の駅。

中央駅までけっこうある。が、観光中心部までは徒歩20分くらい。

もう一度電車に乗ることも考えましたが、まあ徒歩20分なら歩くのも楽しいかもと思い歩くことに…。

 

途中で道に迷い、Wifiもなく、血迷ってTelekomのホットスポットで使えるTelekomの1dayパスを買ってみましたが、何の役にも立たないということを強めに注意喚起しておきたいと思います。

Markthalle

 

f:id:zhenmei_mei:20200201013033j:image

途中で立ち寄ったマーケット。10時前だったからか全然お店開いてなかったです。ドイツ人朝遅い説。

www.tripadvisor.com

日本宮殿。

 

f:id:zhenmei_mei:20200201200318j:plain

入場料無料、ドイツと日本との国交とかそういうのか?と思って入ってみましたが、日本を感じさせるものは一つもなく10分で終了。展示内容の時期的な都合なのか何なのか分かりませんが、まあ時間あればいってみてね、くらいな感じですね。。

www.tripadvisor.com



ドレスデン中心部へ

 

ドレスデン

せこせこ歩いてようやく中心部へ!

みてくれ、これ、どこ歩いても荘厳なんですけど。

ドレスデン


 

この辺りは第2時世界大戦時に焼けてしまったそうなのですが、何とか復元したんだそう。だから、壁や像が煤けていたりします。



作戦を立てるために(=WiFiをつかうために)カフェへ

 

ドレスデン

こちら。オシャ可愛い。店員さんが非常に親切です。

ちなみにこのカフェに入る前に、観光インフォのおばさんに英語で「観光客用の公共機関パスはあるのか」と話しかけたらすごく冷たくドイツ語で返されたのでこころが折れそうでしたが、ここで回復しました。

 f:id:zhenmei_mei:20200201013014j:image

でも、ラズベリーワッフル頼んだらどんぶりきたよね。

 

申し訳程度のワッフルが下にいて、80%はクリームとアイスクリームでしたが美味しかったです!

 

Cafe Latte Art

営業時間: 9時00分~19時00分

住所:Seestraße 6, 01067 Dresden 

 

 

ALBERTINUM美術館で「考える人」に会う。

ドレスデンには「考える人」がいる!と聞いたので、とりあえずALBERTINUM美術館へ。

 

www.tripadvisor.com

チケット12ユーロ。

 

中オシャン。

展示のレベルも高くて満足度高めでした。



f:id:zhenmei_mei:20200201013052j:image
f:id:zhenmei_mei:20200201013040j:image

でも途中で進撃の巨人みたいな像がたくさん並んでいる薄暗い部屋があり

若干ビビりました。ここで座って談笑してたひといたけど、精神強すぎんか。

 

1〜2時間くらいで見終わるボリュームです。


Frauenkirche聖堂

次はFrauenkirche聖堂。

開く時間が決まっているようで、私の時は下記の時間帯で開いていました。

 

Frauenkirche聖堂

中はフラッシュ撮影はダメみたいですが、スマホで撮ってる分にはOKでした。

綺麗〜〜!語彙が足りん。


 

ブラブラしながら雑貨屋さんなどを見て、適当にお昼を食べることに。

ALEXというお店(チェーン店)で、カツレツっぽいのとゆずレモネードを注文。


f:id:zhenmei_mei:20200201013017j:image f:id:zhenmei_mei:20200201013030j:image

いやこれ美味しいな。絶妙な塩気でハマりそう。

ポテトはもういいです。



Zwinger
f:id:zhenmei_mei:20200201013058j:image


なんかさっと調べた感じメインっぽかったので、行くことに。

入り口がわからずテンパる。

 

 

ツヴィンガー宮殿



めちゃくちゃ豪華なクラウンの門!すてき!

 

 



お庭は城壁で囲まれており、それぞれの宮殿で美術館を展開しているらしいです。メインはラファエロと、マイセンを展示しているのもあると聞いたので楽しみに行ったのですが…


ドレスデン

まさかの展示休止中。

しかも、どちらも休止。見られるものなくない?

 

なんか工事してるなとは思ってたんですがまさかの。だから観光客少なめなんかな。

 

f:id:zhenmei_mei:20200201013113j:image

Zwinger(ツヴィンガー宮殿)

営業時間:6時00分~20時00分

住所:Sophienstraße, 01067 Dresden 

ここで急に予定がなくなってしまったので…


ホップオンバスでドレスデンを巡る

ツヴィンガー宮殿を出たとこにいたバスツアーの人に話かけ、チケットを買う。22箇所回ってくれる上に日本語解説あり。しかも、時間内であれば何度乗り降りしても良く、ウォーキングツアーも3回分か4回分ついてくるんだそう!20ユーロ。

 

つまり、これは朝チケットを買い、バス乗り回して好きなスポットでウオーキングツアーに参加するのが最高、ということです。

はとバス的なやつかと思ったので(乗ったことないけど)スルーしてしまってましたが、最初から買っておけばよかった。

 

f:id:zhenmei_mei:20200201013021j:image

座席の横にイヤホン刺すところがあって、バス乗るときにもらえるイヤホンをこの機械に刺すと日本語の解説が聞けるというものです。ちなみに日本語はチャンネル20番。

 
f:id:zhenmei_mei:20200201013109j:image


ちなみにバスの一回りは思いがけずわりと遠くまで行ってくれました。

f:id:zhenmei_mei:20200201013048j:image

ツヴィンガーを出発して、川向こうの3つのお城、ヴィラが立ち並ぶ住宅街(それぞれにストーリーがある!)、今普通に人が暮らしている地域も回って、市庁舎とか。

 

この市庁舎の上にいる男性、元はスポーツ選手を第材に作られたそうなのですが、右手を上げるポーズがナチスっぽいと議論になったそう。

しかしドレスデン市民は猛抗議。

 

「この右手が差し示すのは、あの辺に住んでる税金払わんやつらや!」

 

こうしてこの像は弾劾を逃れたのでした〜完〜

 

こんなに思惑ありそうな、なんならヒーローっぽい像なのに、言ってるのは税金のことなのか、しかも晒しリプみたいな感じで税金納めてない地域を指さしちゃっている像なのか、というわりと衝撃的な解説だったので面白かったです。

 f:id:zhenmei_mei:20200201013119j:image

夕方に乗ったから夕陽と川が綺麗に撮れた。

 

バスツアーは全部で通して1時間半くらいなので、時間に余裕を持ってお楽しみください。



ドレスデン中央駅でビール

帰りの電車は8時ごろだったので、ドレスデン中央駅をブラブラショッピングし、駅でご飯を食べることに(乗り遅れることを極端に恐れている)

駅ナカにあるレストラン?カフェ?はバイキング形式で食べたいものをお皿に取って清算するスタイル。たしか、中皿で6ユーロくらいだったかな?

 

適当にとり、ビールを注文。

 f:id:zhenmei_mei:20200201013044j:image

でかいよビールが…

 

これで全部で8ユーロくらいでした。



ちなみにドレスデンシュトーレンが有名らしい!しっかりシュトーレン買って帰りましたよ。

 

 f:id:zhenmei_mei:20200201013025j:image

帰りの電車は普通の座席で、座席の横に指定番号が書いてあるタイプでしたー

 

ドイツ旅行記

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

meerkat-vn.hatenablog.com

 

 

meerkat-vn.hatenablog.com